はじめに

Windows Vistaはセキュリティが改良された為、プログラムの実行の際にユーザープログラムの起動許可求めるメッセージが表示されますので、【許 可】をクリックし、ソフトを起動してください。

※キャンセルの場合、ソフトを起動できません。

この設定は、MediaRescueシリーズとMediaSavior以外は不要です。

また標準ユーザーアカウント(管理者権限を持たないアカウント)の場合は、基本的にはハードディスクなどの復元は行えませんが、管理者として起動すること によって、操作を行うことが可能です。

※ 管理者としてソフトを起動する場合、管理者のアカウントとパスワードが必要です。

【注意】

基本的にプログラムのインストールなどは、管理者権限が必要なため、標準ユーザーでは行えません。(以前のバージョンでも同様)

ソフトをお使いの際は、管理者権限を持つユーザーアカウントでのご使用をおすすめします。

【標準ユーザーの場合、管理者権限として使用する手法について】

常に管理者として起動する設定手順 (※標準ユーザーで操作を行い場合。)

注意: 設定を行っても、管理者のユーザーとパスワードは必要ですのでご注意ください。


A)設定を行ったユーザーだけが自由にご使用になれる設定方法

①デジカメ写真生活応援シリーズの各ソフトのショートカット、もしくはプログラムを右クリックしてプロパティを開いてください。

②互換性タブをクリックしてください。

③互換性タブが表示されたら、【特権レベル】セレクションの【管理者としてのプログラムを実行する】にチェックを入れます。

【OK】をクリックしてウィンドウを閉じれば、準備完了です。

B)すべてのユーザーがご使用いただける設定方法

①デジカメ写真生活応援シリーズの各ソフトのショートカット、もしくはプログラムを右クリックしてプロパティを開いてください。   

 

②互換性タブをクリックしてください。

③互換性タブの【すべてのユーザー設定を表示】をクリックします。

④ユーザーアカウント制御のダイアログボックスが表示された場合は、【続行】をクリックしてください。

ダイアログボックスが表示されなければ、⑤に進んでください。

⑤【すべてのユーザーの互換性】が表示されたら【特権レベル】セクションの【管理者としてこのプログラムを実行する】にチェックを入れま す。

【OK】を二回クリックしてウィンドウを閉じれば、準備完了です。