歴春うぇぶBooks アカウント情報  カートを見る  レジに進む  
  トップ » カタログ » 児童書 » アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
ムック (7)
注目の書籍 (24)
新刊案内 (12)
児童書 (20)
定期刊行物 (38)
自然 (14)
写真集・美術書 (12)
趣味・観光・食べ物 (18)
白虎隊・戊辰戦争 (13)
民俗・文学 (50)
歴史読物 (66)
史料・全集 (43)
歴春ふくしま文庫 (42)
歴春ブックレット (23)
その他 (11)
メーカー
新着商品 全商品表示
続残しておきたい大熊のはなし
続残しておきたい大熊のはなし
1,650円
(本体価格 1,500円)
商品検索
 
キーワードを入力して商品を探せます
詳細検索
インフォメーション
書籍購入方法
プライバシーについて
特定商取引の表示
総額表示について
お問い合わせ
智恵子と光太郎 1,320円
(本体価格 1,200円)

金田和枝 文・橋本貢 絵
A5判・並製・224頁

「わたしの一生はわたしが決める。たった一度きりしかないわたしの一生だもの」
と高らかにうたった高村智恵子。
明治という封建的な時代に、女性として自立し、芸術家として生きようとして傷つき、しだいに人間世界をはなれていったひとりの女のひたむきな一生。

もくじ
はじめに
一 雪つぶてと納豆
二 美しいものがすき
三 しもやけの手
四 こよりで織ったコート
五 夢ひらく
六 雪の日の祈り
七 日本女子大学へ
八 おとなしいけれど智恵子さまは
九 絵の道へ
十 新しい時代の女性として
十一 あこがれの人
十二 グロキシニアの花
十三 結婚
十四 ふるさと
十五 はたを織る智恵子
十六 試練
十七 命の炎をかきたてて
十八 新しい発見
十九 レモンのしずく
二十 智恵子を呼ぶ声は今も風にのって
あとがき
高村智恵子年譜


この商品は 2008年 11月 18日 にカタログに登録されました。

レビューを読む

この商品を買った人は、こんな商品も買っています
ものがたり二本松少年隊ー戊辰戦争に花と散るー
ものがたり二本松少年隊ー戊辰戦争に花と散るー
安達ヶ原の鬼婆
安達ヶ原の鬼婆
佐藤継信・忠信(再)
佐藤継信・忠信(再)
まんが 会津白虎隊
まんが 会津白虎隊
新島八重
新島八重
悲しき人買いの伝説 安寿と厨子王
悲しき人買いの伝説 安寿と厨子王
ショッピングカート 全商品表示
カートは空です...
メーカー情報
歴史春秋出版社
歴史春秋出版社 ホームページ
その他の商品
E-Mailでお知らせ 全商品表示
お知らせの設定智恵子と光太郎の最新情報を知らせて!
友達に知らせる
 
この商品のURLを友達にメールする
レビュー 全商品表示
レビューを書くこの商品についてのレビューを書きませんか?

Copyright © 2005- 歴史春秋社出版株式会社
Powered by osCommerce