歴春うぇぶBooks アカウント情報  カートを見る  レジに進む  
  トップ » カタログ » アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
ムック (6)
注目の書籍 (20)
新刊案内 (9)
児童書 (17)
定期刊行物 (38)
自然 (18)
写真集・美術書 (16)
趣味・観光・食べ物 (20)
白虎隊・戊辰戦争 (13)
民俗・文学 (53)
歴史読物 (70)
史料・全集 (57)
歴春ふくしま文庫 (68)
歴春ブックレット (26)
その他 (17)
メーカー
新着商品 全商品表示
会津近代民衆史
会津近代民衆史
3,300円
(本体価格 3,000円)
商品検索
 
キーワードを入力して商品を探せます
詳細検索
インフォメーション
書籍購入方法
プライバシーについて
特定商取引の表示
総額表示について
お問い合わせ
安積采女と万葉集 1,760円
(本体価格 1,600円)

七海晧奘
ISBN:978-4-89757-989-4
A5版・並製・168頁

『万葉集』が秘めた、歌の深奥に迫り、編纂者「大伴家持」の
敗北の生涯を歴史書・叙事詩として綴る必成の書。

目次

序  2
知られざる悲劇の万葉歌人・大伴家持 今泉正顕(遺稿) 9
―なぜ歌を忘れた歌人になったのか―
■ 家持の歌のお陰で『万葉集』北限の地が消えた 11
■ ゴマスリ歌の上手な大伴家持という男はどんな人物か 14
■ 大伴家持が歌人になる環境は大宰府で作られた 16
■ 大伴家持は宮内少輔になり、越中の国司に栄転した 18
■ 家持は「大仏開眼」の盛儀に祝歌を作らなかった 20
■ 家持は左遷につぐ左遷で、地方勤務に明け暮れた 23
■ 『万葉集』は家持の死後二十四年過ぎてから公表された 27
 あさかやまの歌と安積親王 七海晧奘(編纂) 31
一 「令和」の御代と起源 32
二 『万葉集』と奈良・天平の時代 36
三 「あさかやまの歌」について 53
■ 歌枕「あさかやま」とは「安積の国の山々」を指し
 また「山の井」とは「猪苗代湖」のこと? 58
四 「安積」という地名の由来 61
■ 都に戻った葛城王 63
五 『古今和歌集』『新古今和歌集』などによる高い評価65
 「あさかやまの歌」は、歌の母 65
 『古今和歌集』仮名序 65/ 『大和物語』 67
 『今昔物語集』 69/ 『新古今和歌集』真名序 70
 『古今著聞集』 74
■ 本当の安積山 75
 「安積沼」 78
六 「あさかやまの歌木簡」発見さる 81
七 木簡出土の地、紫香楽宮跡へ 83
 『よみがえらそう紫香楽宮』     栄原永遠男(寄稿) 85
■ 郡山における記念講演会 97  
八『万葉集』研究者の歴史 99
■「あさかやまの歌」碑建立 102
九 葛城王=橘諸兄について 105
十 安積親王の誕生 113
十一 大伴宗家、都に戻る 118
十二 大伴家持の人生 120
十三 安積親王と共にある悦びと突然の親王の急逝 122
■ 親王への挽歌 130
十四 それからの家持 140
十五 あれが安積山 151
 跋158
 参考資料 163/ 協力機関 164


この商品は 2021年 08月 12日 にカタログに登録されました。

レビューを読む

ショッピングカート 全商品表示
カートは空です...
メーカー情報
歴史春秋出版社
歴史春秋出版社 ホームページ
その他の商品
E-Mailでお知らせ 全商品表示
お知らせの設定安積采女と万葉集の最新情報を知らせて!
友達に知らせる
 
この商品のURLを友達にメールする
レビュー 全商品表示
レビューを書くこの商品についてのレビューを書きませんか?

Copyright © 2005- 歴史春秋社出版株式会社
Powered by osCommerce