■推奨環境

CPU

PentiumⅡ(MMXが搭載されていること)

RAM

使用に必要なメモリ容量32MB以上

ハードディスク

インストールに必要なDisk容量約1MB、その他バックアップに必要な空き容量

モニター

800×600以上の解像度をサポートするカラーモニター

ビデオカード

16ビット以上のカラー表示可能なディスプレイ、ビデオカード

OS

Windows98/ME/NT4/2000/XP/Vista対応

■対応

対応メディア

xDピクチャーカード、SDカード、スマートメディア、コンパクトフラッシュ、メモリースティック、マイクロドライブ、FD、MO、HDD、その他ドライブとして認識可能なデバイス

対応ファイルシステム

FAT12/16/32・NTFS・CDFS

復元対象ファイル

静止画(JPG・PNG)、動画(MOV)

対応付加情報の認識

DCF(Exif/GPS)情報

復元方法

セクタ情報からの直接データ抽出/選択機能として分解抽出

復元又は調査可能な症状

消去(コマ、全消去)、フォーマット、削除、ファイルシステムの認識エラー(論理的・物理的構造破壊)

セクタイメージ作成と読み込み

復元候補ファイルの検索

復元候補ファイルの一覧表示

詳細表示・サムネイル表示 ※サムネイル表示はJPGファイルのみです。

サムネイルの抽出

プレビュー

ファイル名の整頓


※プレビューは、JPG以外は表示可能な外部アプリケーションが必要です。
※Exif/GPS情報については、その詳細を調査するものではありません。
※MR2は、大容量のHDD等からファイルを復元することを前提としてはいません。
 (v1.40gより大容量HDD当からの復元も行えるようになりました。)
※CDFSは、復元についてはMediaSaviorを活用することで、マルチセッションまで対応できす。
 (Win98、MEは未対応)
※お使いのデジタルカメラが、Windowsパソコンでリムーバブルディスクと認識されることが必要です。
※MR2で復元可能なメディアは、Windowsパソコンでドライブとして認識できるものである必要があります。
※MR2は、いかなるデータも確かに復元できる能力を備えたものではありません。
※MR2による復元率は、メディアタイプ・破損率・破損の分類等の条件により異なります。
※v1.55eよりVista対応となりました。