1)スキャンボタンをクリックしてください。

v1.40からスキャン方法が「ダイレクトスキャン」行う方法と、「ディスクイメージ」から行う方法の2通りになりました。

スキャンボタンをクリックする前に、下記の2つのスキャン方法をご確認の上、スキャンを行ってください。

■ダイレクトスキャンの場合

・・・復元したいドライブ選択しダイレクトスキャンのチェックボックスにチェック後、
   「スキャン」ボタンをクリックしてください。
   

■ディスクイメージからの場合

・・・ディスクイメージ作成後、あるいはディスクイメージ選択後、
   「スキャン」ボタンをクリックしてください。
   

2)スキャン領域の設定

「スキャン領域の指定」画面が表示されます。
スキャン領域を指定することで、部分的にスキャンを行うことが可能です。


自動設定でスキャンする

スキャン領域に変更がない場合は、そのまま【スキャン】ボタンをクリックしてください。

手動設定でスキャンする
部分的にスキャンを行いたい場合は、手動設定にして「開始クラスタ」、「終了クラスタ」を変更の上、【スキャン】ボタンをクリックしてください。

※大きいデータのスキャンは部分的にスキャン[手動設定]をお勧めいたします。

スキャンが終了しますと、左の画面が表示されます。

**注意**
お客様の復元したいメディアあるいはドライブによってスキャン率か異なります。
また、お客様の環境によってスキャン時間が異なります。


3)検出されたデータを確認する。

スキャン後、[詳細画面]および[縮小画面]をご確認ください。
詳細画面で予定サイズが撮影時と同等分あり、尚且つ、縮小表示で画像データと認識されていてものにつきましては復元が行えます。

●詳細画面

※予定サイズをご確認ください。

※詳細表示のExif情報(マシン名など)は、全てのデータ検出(スキャン)後、Exif情報が展開します。

 

●縮小画面

※データが何も検出されない場合、または、[×]と表示されている場合は、画像データが既に消えているか、あるいは断片化してしまい、 画像データとして正常に認識されていない可能性がございます。