テンプレートは、HTMLのコメントタグを利用して、制御パラメータを埋めこみ、MAに解釈させる仕組みです。テンプレートをカスタマイズするこ とでホームページを自由にデザインすることが出来ます。

テンプレートはHTMLにパラメータを埋め込んだコメントタグを記述することでカスタマイズできます。

詳しいパラメータの説明は「HTMLテンプレート」の 項をご覧下さい。

■ テンプレートのカスタマイズ例

基本的な単純リスト形式のテンプレートの作成の仕方を説明いたします。

カスタマイズしたテンプレートでホームページを作成する際は、[ホームページの自動作成] タブにて[テンプレートを直接選択] をクリックして、テンプレートファイルを指定してください。

・ カスタマイズ例1

最も基本的なテンプレートの例です。上記のテンプレートには以下のパラメータが使われています。

  • <!--session_start--> , <!--session_end-->
    このタグで囲まれた区間が、指定された写真のリストの一要素になります。
    この区間にイメージ、タイトル、コメントなどを指定するパラメータを埋め込むことで 写真のリストを作成します。
  • <img width="..." height="..." >
    <!--session_start--> , <!--session_end-->で囲まれた区間に書き込むことで、 その場所にイメージを挿入します(このタグだけコメントタグではないので注意してください)。 通常ならば<img src="...">と画像を指定しますが、この場合src要素は 書かないようにしてください。
  • <!--title--> , <!--comment--> , <!--date-->
    <!--session_start--> , <!--session_end-->で囲まれた区間に書き込むことで、その場所に それぞれ画像のタイトル、画像に対するコメント、画像の撮影日を挿入します。
  • <!--index_start--> , <!--index_end-->
    このタグで囲まれた区間が、ホームページ作成ウィザードで指定されるインデックスリストの 一要素になります。 この区間にタイトルなどを指定するパラメータを埋め込むことでインデックスリストを作成します。
  • <!--title-->
    <!--index_start--> , <!--index_end--> 間における<!--title-->タグは、インデックスリストの 作成時にタイトルを指定のURLにリンクするように意味付けされます。

・ カスタマイズ例2

カスタマイズ例1で作成したテンプレートを元に、レイアウトなどに改良を加えたものです。 例1に加えてさらに以下のパラメータが使われています。

  • <!--timestamp-->
    <!--session_start--> , <!--session_end-->で囲まれた区間に書き込むことで、その場所に 写真の撮影日時を挿入します。<!--date-->タグと類似していますが、こちらは月日だけではなく 撮影の時間帯まで表記します。
  • <!--page_index-->
    リスト形式のページの場合、このタグを埋め込むことで一定のリスト数毎に ページを区切ることが出来ます。区切りとするリスト数はウィザードにて指定します。

・ カスタマイズ例3

カスタマイズ例2で作成したテンプレートに、写真の詳細ページを追加したテンプレートです。

詳細ページのためには、更に詳細ページ用の複製テンプレートを作成する必要があります。

複製テンプレートは[ 親テンプレート名_dup.html ] で命名される必要があり、親テンプレートと 同一のフォルダに収めるようにしてください。 例1、2に加えてさらに以下のパラメータが使われています。

  • <!--duplicate_on-->
    複製用のサブテンプレートであることを示すタグで、複製用テンプレート内において リスト要素の前に書き込まれている必要があります。