データ復元 メディア関連ソフトウェア 「フロンティア・オンライン」
上海問屋付属ソフト コーナーへ

カートを見る(0)

Detail:HTMLテンプレート

テンプレートは、HTMLのコメントタグを利用して、制御パラメータを埋めこみ、MAに解釈させる仕組みです。HTMLテンプレートの種類とパラメータ仕様を理解して、オリジナルなホームページを作成してみてください。

テンプレートの種類

HTMLテンプレートは、大きく4種類の分類に分けることができます。

・ 単純リスト形式

グループリスト形式<<詳細リスト>>

小さなサムネイルとデジカメ画像に埋めこまれたタイトル、コメントなどを表示して、縦に伸びるアルバム・ホームページを自動生成します。

単純リスト形式<<サムネイルリスト>>

小さなサムネイルを任意のマス上に縦横に配置し、デジカメ画像に埋めこまれたタイトル、コメントなどを表示して、アルバム・ホームページを自動生成します。

・ グループリスト形式 (クリックするとその画像の詳細ページを開きます。)

基本的には、単純リストと同様のリストページを作成します。ただし、ここではグループオプションが有効になっていますので、同一主題を持ったデジカメ画像同士の順列があった場合には、その画像群を一つのグループとして集約表示します。

・ シングルページ形式 (クリックするとそのグループの画像リストページを開きます。)

シングルページは、デジカメ画像をひとつだけ有効なものとしてページに挿入するものです。もちろんデジカメ画像に埋めこまれたタイトルなどの文字情報を表示することができます。

・ 複製用サブテンプレート

基本的には、単純リストと同様のリストページを作成します。ただし、ここではグループオプションが有効になっていますので、同一主題を持ったデジカメ画像同士の順列があった場合には、その画像群を一つのグループとして集約表示します。

制御パラメータ

制御パラメータは、テンプレートのコード中にアンカーとして埋めこみ、MediaAlbumに解釈させます。MediaAlbumの解析仕様に合わせパラメータの名称と配置が決定されます。

・ テンプレート様式パラメータ

  • <!--session_start--> :リスト生成の開始
  • <!--session_end--> :リスト生成の終了
  • <!--group_on--> :グループ化を有効(グループ化はテンプレートとサブテンプレートを合わせて行うこと)
  • <!--single_on--> :シングルページ形式であることを示す
  • <!--duplicate_on--> :複製用サブテンプレートであることを示す

・ 画像挿入パラメータ

  • <img width="100" height="100"> :目的のデジカメ画像を挿入
    (*この場合のみ、コメントタグではありません。)

・ 文字列情報挿入パラメータ

  • <!--title--> :画像のタイトルを挿入
  • <!--subject--> :画像の主題を挿入
  • <!--comment--> :画像のコメントを挿入
  • <!--date--> :撮影日を挿入
  • <!--timestamp--> :撮影日時を挿入
  • <!--year--> :撮影日時の年を挿入
  • <!--month--> :撮影日時の月を挿入
  • <!--day--> :撮影日時の日を挿入

・ ページパラメータ

次のいずれかのページパラメータが挿入されたリスト形式のページの場合、MediaAlbumが指定の画像あるいはグループ単位数にページを自動的に区切ります。

  • <!--page_index--> :ページの目次を挿入

・ 入力パラメータ

  • <!--index_start--> :インデックスリストの開始
  • <!--index_end--> :インデックスリストの終了
  • <!--title--> :indexタグの間に記載されるtitleタグは、インデックスリストの作成時にタイトルを指定のURLにリンクするように意味ずけされます。
  • <!--new--> :Newボタンをオンにすると、このタグ位置に「New!!」を挿入します。
  • <!--(なんでも255バイト文字数まで可能)--> : インデックスリスト用のサブパラメータです。ユーザが任意に指定し、入力パラメータを増やしていくことが可能です。パラメータ名は255バイト文字数まで、日本語もOKです。

■ 撮影日時の取り扱い

撮影日時は、デジカメ画像のExif情報を取得するように優先してあります。しかし、画像の加工などによって、この情報が失われた場合には、自動的にファイルの更新日時を利用するように補正されます。

次のパラメータは、上記の挙動を示しますので、ご注意ください。

  • <!--date-->
  • <!--timestamp-->
  • <!--year-->
  • <!--month-->