データ復元 メディア関連ソフトウェア 「フロンティア・オンライン」
上海問屋付属ソフト コーナーへ

カートを見る(0)

アイテムのロックと位置・サイズ調整

1.アイテムのロック

写真ボックス、テキストボックス、図形・画像ファイル、カレンダーは、ロックして動かないようにすることができます。

複数のアイテムをレイアウトするときなど、位置が決まったアイテムを誤って移動・選択してしまうことがなくなるため、効率的な作業が可能になります。

ロックするとアイテムが選択できなくなる

(1)アイテムをロックするため、下記のどちらかの方法でメニューボックスを表示します。

  • アイテムをクリックしたときに表示されるアイコン メニューリストアイコンをクリックする
  • アイテムを右クリックする

(2)現在のロックの状態は、チェックマークで見分けることができます。チェックマークがなければアンロック状態、チェックマークがついていれば ロック状態です。

ロックする場合も、ロックを解除する場合も、メニューボックスから「ロックする」を選択します。

メニューボックスから「ロックする」を選択

(3)アイテムのロックの状態が変わります。

ロックの例

△写真ボックスをロックした例

2.アイテムの位置・サイズの調整

写真ボックス、テキストボックス、図形・画像ファイル、カレンダーは、位置とサイズを数値入力によって変更することができます。

同じ位置、同じサイズにアイテムを配置したいとき、アイテムを複製したいときなど、性格な作業が可能になります。

(1)アイテムの位置・サイズを調整するため、下記のどちらかの方法でメニューボックスを表示します。

  • アイテムをクリックしたときに表示されるアイコン メニューリストアイコンをクリックする
  • アイテムを右クリックする

(2)メニューボックスから「プロパティ」を選択します。

メニューボックスから「プロパティ」を選択

(3)アイテムを配置したい位置または変更したいサイズを、ボックス内に数値で入力します。

配置位置編集の例

△配置位置(左端)を編集した例

(4)入力した値に従って、アイテムが再配置またはリサイズされます。

入力した値でアイテムが再配置される

△配置位置(左端)を編集した例

デジカメレオ

チュートリアル